鍋かジューサー

書き溜め

好きなアルバム(2018年)

 

 2018年のマイベスト的なやつ。

 

5.ネクライトーキー『ONE!』

ONE!

ONE!

 

 

 滑り込みで聴きました。キャッチーでポップな明るい曲なのに歌詞がどうにも俯きがち。そのアンバランスさが好きです。「二十五を過ぎたら死ぬしかない」、ほんとそうだなと思います。大人になったって何かが変わるわけでもなし、いつまで自意識過剰を背負って生きていくのか。

 

4.ベランダ『Anywhere You Like』

Anywhere You Like

Anywhere You Like

 

 

「エニウェア」のオルタナティブな感じも、「しあわせバタ~」のサイケな感じも、すごく好きです。あと歌詞が結構エモくてそこもいい。30分ないのでつるっと聴けます。

 

3.Brian the Sun『the Sun』

the Sun(初回生産限定盤)(DVD付)

the Sun(初回生産限定盤)(DVD付)

 

 

 「カフネ」はストリングスが入ってますが、それもJ-POP的な仰々しい感じがしなくて、全体的にバランス感覚がよいなと思います。最近は音圧パツパツなバンドが多いですが、(こういうのこそバンド感だな~)と思っています。どんな時代でも奇を衒いすぎない歌モノバンドにいて欲しい。彼らに期待しています、というか、ずっとこうやって歌い続けてくれたらそれでいい。

 

2.BURNOUT SYNDROMES『孔雀』

孔雀(初回生産限定盤)(DVD付)

孔雀(初回生産限定盤)(DVD付)

 

 

  上半期はこればっかり聴いてました。もう何度も言っていますが文学的とは抒情的な歌詞を書けるとかそういうことではなく、自身のルーツを解釈して自分のボキャブラリーで発信しているという点にこそあるのだと思います。ここで選んだ5枚の中だと一番うるさいバンド。

 

1.Homecomings『WHALE LIVING』 

WHALE LIVING

WHALE LIVING

 

 

  もともと『リズと青い鳥』のエンドロールで流れる「Songbirds」がこの作品においてもエンドロール的な立ち位置にあるのが本当に見事です。「Blue Hour」のセンチメンタルさ、「Hull Down」のひだまりのようなやわらかさ、穏やかで優しい気持ちになれる一枚でした。これからもずっと聴いていく気がします。

 

・次点

Roselia『Anfang』 

Anfang

Anfang

 

 

「このバンドはこういうバンドだ」と曲順というストーリーで示せているのが良い。いろいろ起きてますけど曲がいいのは変わらないな……と思います。

 Twitter見てる人はわかると思いますがRoseliaの五人のなかでは特にリサ姉と紗夜さんが好きです。

 

UNISON SQUARE GARDEN『MODE MOOD MODE』 

MODE MOOD MODE (初回限定盤A) [CD+Blu-ray]

MODE MOOD MODE (初回限定盤A) [CD+Blu-ray]

 

 

 相変わらずめちゃくちゃいいですよねという気持ちもありつつ、なんかこう、サウンドプロダクションが優等生すぎない? という気持ちもありつつ。ライブの熱をそのままパッケージングした感じのアルバムをもっと聴かせてくれ~~~~と思ってしまいます。期待しすぎなのか? 彼らが最高なのは変わらないので、次点というよりは殿堂入りと言ってしまった方がいいのかもしれません。

 

・旧譜でよく聴いたやつ

cinema staff『熱源』

熱源 初回限定盤(DVD付)

熱源 初回限定盤(DVD付)

 

 

 Afterglowだなと思いながら聴いてました。オタクとcinema staffの話やそれと絡めてガルパの話できたりしたのも思い出深いです。正直それがなかったらここまでcinema staff聴いてない気がします。

 

BIGMAMA『The Vanishing Bride』

The Vanishing Bride (通常盤)

The Vanishing Bride (通常盤)

 

 

 ロマンチックな曲が多くてカップリングの妄想が捗りました。「Sweet Dreams(bittersweet)」は完全にちさあやだと思います。今年のアルバムもSpotifyで聴きまして、そのうち欲しいな……と思っている間に年末になってしまいました。

 

LOSTAGE『Guitar』

Guitar

Guitar

 

 

 フォロワーさんにおすすめしていただいたアルバム。超好きでした。ありがとうございます。しかも特に好きだった曲の雰囲気が自分の書く文章にもあるという風に言っていただけて感無量でござる。語尾が迷子。ほかのアルバムも聴いてみようかな……と思っています。

 

   ***

 

 今年はいろんな変化があって楽しいこともあり大変なこともあり、今ちょっと大変なことに追われていてしんどいのですが、相変わらず音楽を好きでいられるのは幸せなことだなと思います。来年も好きな音楽に出会えますように。